春の乾燥と肌ケアの方法

春

春。気温は上がってるのに頬がかさついて顔はつっぱり、化粧もうまく乗らない。目の周りは痒くなる。やっと冬が終わったと油断しがちな春は、真冬と同じく湿度が低く、そのくせ紫外線量が増えてくるやっかいな季節。春の時期に気をつけるべきポイントと乾燥対策を確認しましょう。

 

春はインナードライ肌になりやすい

乾燥春の肌特徴として、インナードライ肌になりやすいというのがあります。インナードライ肌とは、肌表面は皮脂が出て一見潤っているように見えても肌内部の水分量が足りていない状態の肌のことです。脂っぽいのにカサカサしています。

肌内部では水分が足りないので、「これ以上水不足になったらヤバい」と皮脂がどんどん出てきてしまいます。脂性肌っぽくも見えるのですが、さっぱりケアをしたところで全然改善しないのがこのタイプの肌の特徴です。

これは春になって気温が上がってきているのに湿度が冬並の状態のときに良く起こります。

春の時期に「乾燥肌のはずなのに皮脂が困るほど出てきて泣きたい」と思ったら、しっかり保湿をしてみるとあっさり改善するかもしれませんので試してみてください。

 

季節の変わり目で敏感肌になりやすい

敏感肌春には激しい寒暖差や紫外線、強い風など色々な変化が起こります。この時期、敏感肌になる人も相当数います。私も例にもれず毎年春は「揺らぎ肌」です。

私の場合、真冬のスキンケアではどうも合わないなと思ったら、いきなり春夏仕様のスキンケアに変えるのではなく『敏感肌向け』のラインを挟むとうまく乗り切れることが多いです。

アヤナスアルージェが敏感肌向けのブランドの中でも優秀だと感じます。肌が揺らいだ時に緊急避難的に頼れるブランドを1つ見つけておくと肌状態は劇的に改善するので、お試しセットなどをいくつか試してお守りにしておくといいと思います。

 

春の乾燥の原因たち

湿度が低い

肌に適した湿度は50%~60%といわれていますが、春と呼ばれる3月~5月の間はまだそこまでに達しません。グラフを見ると、4月の湿度は真冬並みだということがわかります。

http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/10daily_s1.php?prec_no=44&block_no=47662&year=2014&month=&day=&view=p1

湿度と気温では上がってくるまでにタイムラグがあります。「やったー!あったかくなった!!春だわ☆」と油断してしまいがちですが、むき出しの肌は12月と同じ状態にさらされていると肝に銘じましょう。

あおい
家の中や職場では湿度を高めるようにしましょう!また、真冬と同じ保湿重視のスキンケアを心がけるといいですよ☆

 

気温の差が激しい

昨日は26℃、今日は17℃などといった極端な気温差が起こりやすいのが春先です。体はもちろん、肌表面もこの寒暖差についていけず、水分と油分の適量コントロールが追いつきません。そのため、肌荒れを起こしたり、ニキビが出来てしまったりします。

また、一日の中でも昼間と夜とでは気温差があるので、日中が温かかったからとさっぱり目のスキンケアをして寝ている間に肌がカサカサになってしまうということも起こります。

あおい
私はこの時期は特に、鏡と手の感触で肌の状態をチェックしながらメイク用品を選んでいます

 

紫外線量が増える

湿度はまだまだ低い一方で、紫外線の量は増え始めます。まだそこまで日差しが強くなかったり、ぽかぽか天気だからとここでも油断しがちですが、しっかり日焼け止めを塗るなどしましょう。

何も塗らないむき出しのままで紫外線を浴びれば、日焼けによるしわが出来たり肌が乾燥してしまったります。

あおい
SPF30 P++くらいで十分なので、日焼け止めは塗りましょう

 

風が強い

『春一番』という言葉あるように、風が強いのもこの季節特有です。身体はスプリングコートにくるまっていても、顔や首、手は吹きっさらしの中で風を受けまくっていませんか

あおい
首にスカーフを巻く、マスクをつけるなどで対応できます

 

花粉、黄砂、PM2.5

春には花粉、黄砂、PM2.5など色々な物質が空気中に漂っています。肌が敏感になっていると、こうした物質のせいでかゆみが出たり、乾燥したりする人もいます。特にPM2.5は粒子が細かいので、荒れた肌に入ってきやすいです。マスクをする、丁寧に洗顔をするなどして有害物質ができるだけ肌にくっつかないようにするといいでしょう。

ちなみにマスクは、フィギュアスケーターの羽生絃君がオリンピックでも着けていたピッタリッチ』というオーダーメイドマスクが防御力最強のようです。欲しい・・・けど注文殺到中・・・。呼吸しづらいから自然と腹式呼吸になって、ダイエット効果もあると、先日『林先生の初耳学』でも紹介されていました。

あおい
泡洗顔にはパーフェクトホイップソフィーナ クッション泡洗顔が低刺激でおススメです。(値段全然違うけど)

 

春のNGスキンケア

春ぽかぽか陽気だけど肌的には絶賛大殺界な春にやってはいけないNGスキンケアも押さえておきましょう。

 

NGスキンケア1:新しいコスメを試す

新しいコスメを試すのは少なくともGWを越える頃まで見送りましょう。それまで使ったことのない成分に肌がびっくりしやすい時期だからです。同じものを使っていてもトラブルが出やすい時期なので、まして新しいコスメにチャレンジするのはリスクを高める以外の何物でもありません。

 

え、すでに肌トラブルが起きててこれからアヤナス試そうと思ったんだけど・・という人

すでに肌トラブルに見舞われていて、かつ自分に合う敏感肌ラインのブランドを知らない場合には、「新しい敏感肌ラインのブランド」を試してください

言っていることが若干矛盾しますが、敏感肌向けのコスメは低刺激成分で作られているので肌トラブルを引き起こすリスクが低いため、OKなのです。

 

NGスキンケア2:攻めのスキンケアをする

攻めのスキンケアとは、「アンチエイジング」「美白」モノを指します。これらの成分は肌が敏感になっている時期に塗ると赤みが出たりかゆくなったりすることがあります。

肌がダメージを受けてお疲れのときには肌を守り、健康な肌を育てることを優先します。健康な肌を取り戻せたら、攻めのスキンケアをはじめて大丈夫です。

肌を守り、健康な肌を育てるにはセラミドを補給し、保湿をメインとしたラインが理想的です。(アヤナス、アルージェなど)

参考になるかもしれないページ
肌にやさしいファンデーション

 

春の乾燥対策まとめ

  • インナードライ肌になったら、保湿重視のスキンケアにしてみる。
  • 春は季節の変わり目で敏感肌になりやすい。緊急避難できる敏感肌ラインを一つ持っておくと◎。
  • 日焼け止めを塗って紫外線対策をぬかりなく。
  • 新しいコスメを試すのは気候が安定するGW明けから
  • 肌が揺らいでいるときにはアンチエイジングもの、美白ものは一旦お休み。セラミドを補給して肌を育てることを優先

 

このページで紹介した商品たち

春の揺らぎ肌を支えるスキンケアブランド

アヤナス
アルージェ 

 

低刺激な泡洗顔

花王 ソフィーナ SOFINA クッション泡洗顔料 専科 パーフェクトホイップ

 

花粉、PM2.5を遮断するオーダーメイドマスク(ダイエット効果もあり)

ピッタリッチ オーダーメイド…