マナラ BBリキッドバーのレビュー&詳細まとめ

マナラ BBリキッドバー

このマナラBBリキッドバーは、美容成分96%!当然一日潤いを保ってくれる安心感のある子です。

 

薬用クリアエステヴェールと比べると、べたつき、崩れやすさ、仕上がりの面で全体的に一歩譲ってしまうのですが、成分で見るとマナラのBBリキッドバーに軍配が上がります。

 

そしてなにより、圧倒的にメイクがラク。スティックタイプなのでするするっと顔に何本かラインを書いて、スポンジで伸ばすだけ。ちゃんと潤うし、仕上がりもきれいだし、私はつけ終わった瞬間に「他のファンデーションがどんなに優秀であっても、寝坊用にBBリキッドバーを1本常備しよう」と決心しました

 

マナラのいいなと思ったところ

  • メイク時間を圧倒的に短縮できる
  • 成分が低刺激
  • 保湿力が高い
  • カバー力がある
  • コンパクトな形状で携帯に便利
  • メイクをするときに手が汚れない
  • ヒト型セラミドが入っている

 

マナラの惜しいと思ったところ

  • 色味が少ない
  • ちょっと重たい、べたつく
  • 崩れやすい

 

マナラBBリキッドバーが向いていると思う人

  • 出社する日でも朝はぎりぎりまで寝ていたい人
  • ツヤのあるすっぴん肌に憧れている人
  • 残業が多くてファンデーションをしている時間が長い人
  • 下地なしでもきれいに肌にのるファンデーションが欲しい人
  • 重ための質感が好きな人
  • エマルジョンタイプのファンデーションが好きな人
  • 敏感肌、アトーなどで刺激の強い成分を避けている人

 

お試しで届くものたち

注文してから4日くらいでセットが届きました。他のメーカーと違って、簡易包装だったのが地味に好印象です。

 

  • BBキリッドバー
  • パフ
  • クレンジングサンプル
  • 洗顔フォームサンプル
  • 化粧水サンプル2種
  • クリームサンプル2種
  • リーフレット類(返品・返金について、製品カタログ、注文用紙&封筒、納品書、BBリキッドバー使用方法ガイドブック、『感動化粧品マナラ誕生物語』)

形状

コンパクトです。これで3~4ヶ月もつそうです。ポーチにも入れやすい大きさです。

下の部分を回して繰り出します。乾きづらい形状が好印象。

塗り方

通常のスキンケアを終えた後、下地なしで塗りました。説明書の通りに顔にラインを書いていきます。
マナラBBリキッドバーの使い方step1
中身を5㎜くらい出して、肌に軽く押しあてたまま顔の内側→外側に滑らせて線を書きます。

 

BBH-step2頬に2~3本、額に1本がメーカー推奨。(でも、頬に3本だと、私にはちょっと量が多かった)
1回目、間違えて鼻筋にもラインを書いてしまいましたが、崩れる&厚塗りの原因になるので書く場所は守った方がいいです・・。

 

マナラBBリキッドバーの使い方step3
使い方ガイドでは、「スポンジまたは手で馴染ませる」と書いてあったので片側はスポンジで伸ばす&たたき、もう反対側は手で塗って仕上がりを確認しました。

 

仕上がりはスポンジ使いが○

片側はスポンジで伸ばす&たたき、もう反対側は手で塗って仕上がりを確認した結果、スポンジを使った面の方は毛穴が見えなくなりました

 

余分なファンデーションをスポンジが吸収してくれて、薄付きでツヤ感のあるキレイな仕上がりになりました。全体に薄く一枚ベールをかけたようです。

 

毛穴を消すコツは、ファンデーションを伸ばした後に鼻をスポンジで丁寧にたたくことです。

 

手で塗った方は、カジュアルな仕上がりになりました。均一なベールをかけた感じというよりはちょっとざっくり感があります。

 

スポンジを使えば手が汚れることもないし、手で塗るメリットはあまりないようにおもいました。

仕上げのアイテムは必要か?

きちんと感が欲しかったら、お粉は必要だなと感じました。

 

せっかくのツヤ感がセミマットになってしまうのが惜しいですが、BBリキッドバー1本だと「すっぴんきれい風」な仕上がりです。

 

また、パウダーアイシャドウやチークをのせるにも、べたつきが気になるし場合によってはよれてしまうのでお粉はつけた方がいいと思います。

 

カバー力と厚塗り感チェック

カバー力は、頬のライン2本だと結構カジュアルです。スポンジでたたくことで、頬、鼻の毛穴、色むらはなくなりましたが、シミそばかす、ニキビ跡は残ります。気になるところだけ上からコンシーラー使いすればそれなりに薄くなります。

 

一方、頬に3本ラインを入れると結構カバー力が出ます。色むら、薄いシミそばかす、ニキビ跡はかなり薄くなります。スポンジでたたけば、厚塗り感はでません
ただし、3本だとちょっと重たく感じます

 

つまり、カバー力を出そうとすると重くなる、軽さを重視するなら丁寧に部分的に塗ってぼかす手間が必要ということですね。

 

テクスチャー

テクスチャーはエマルジョン(練りファンデーション)タイプに近いです。通常の他のスティックタイプのファンデーションよりはずいぶんと柔らかめでした。力を入れなくてもするすると肌の上を滑ります。引っかからないのでムラにならないし、肌に乗せる量を調整しやすいです。

 

エマルジョンのコンパクトは使っているうちに乾いてしまうことが多いので、繰り出し式は最後まで水分が蒸発せずに使えていいですね。

 伸び

伸びはとてもいいです。手で塗るにもスポンジを使うにも、力を入れる必要がありません。

 

色味、色選び

DSCN1193
色は全2色。標準用と色白用です。私は標準色を選びました。普段ピンクオークルを選ぶことが多いブルーベース肌です。

 

やや明るめの肌の私には少し暗く感じました。フェイスパウダーで顔のトーンをあげたらちょうどよかったので、フェイスパウダーを使う前提かどうかで色を選んだらいいと思います。

 

私はフェイスパウダーを併用する使い方をメインに考えていますが、もしBBリキッドバー単品使用するなら色をワントーン上げます。

 

色交換を無料でしてもらえるので、ダメだと思ったらもう一つの方を取り寄せることができます。

 

香り

香りは無臭です。工業的な薬品の匂いがするわけでも、おばあちゃんの化粧品のようなあまったるい匂いがするわけでも、アロマの香りがするわけでもありません。

 

保湿力&べたつき&崩れ度チェック

メイク直後・・・保湿力は十分。ちょっとべたつく。

塗りたては、しっかり潤っている感覚がありました。濃厚な保湿クリームを塗った後のようです。

 

ややリッチすぎるかな?という付け心地でしたが、重さが安心できるという人もいるんだろうなぁというレベル。個人的にはもう少し軽くてもいいかな?

メイク後5時間・・・乾燥は感じない。べたつきは解消。小鼻は少し崩れてる。

湿度10%の環境で5時間過ごした後でも、気になる突っ張りはありませんでした。

 

お粉を上からはたいたときと何もつけないときと両方試しましたが、どちらもつけたての潤いブルンブルン感はなくなっているものの、乾燥したと感じるほどではありません。

 

べたつきは解消されていました。これは、粉をのせる/のせないに関わらず、5時間後にチェックした時にはサラサラした状態でした。

 

小鼻のあたりが少し崩れてテカっていたので、ティッシュオフして、BBリキッドバーを指で取って、部分的につけ直しました。

メイク後10時間・・・Tゾーンは崩れた。でも、潤いはキープされた。

 

メイク後10間後の段階で、化粧直しは2回しました。鼻とおでこが少しテカりました。粉をつけた場合には消えてなくなるというより、皮脂と混じってツヤ肌になってました

 

何もつけなかった場合は、色ごとどこかに消えてすっぴんに戻っていました・・(汗)リッチな分、崩れやすいのかもしれません。

 

逆に、心配していた乾燥はありませんでした。上からなにもつけなかった時の方が、やや潤い度が高かったですが、粉をつけていても乾燥しなかった!これは快挙です。

 

クレンジングのしやすさ

私はSINNのクレンジングジェルを愛用しています。(肌に優しい低刺激なオイルクレンジングです)洗浄力は強いわけでも、弱いわけでもありません。

 

くるくるとクレンジング剤を馴染ませてお湯で流しました。きれいに落ちていました。

 

成分

ファンデーションの94%が美容成分!マキアレイベルの薬用クリアエステヴェールも美容成分62%ですが、それを上回る配合量です。殆ど美容クリームです。

まず、全成分から。

全成分

イソノナン酸イソトリデシル(油剤)、酸化チタン(紫外線散乱剤)、ジメチコン(ちょっと肌に残りやすいシリコーンオイル)、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン(合成ポリマー)、酸化亜鉛(紫外線散乱剤)、ラウロイルリシン(滑剤)、ポリエチレン(合成ポリマー)、セスキイソステアリン酸ソルビタン(合成界面活性剤)、トリエチルヘキサノイン(油剤)、合成ワックス(ジメチコン/ビニルジメチコン)、クロスポリマー(合成ポリマー)、ポリメチルシルセスキオキサン(合成ポリマー)、シリカ(吸着剤)、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、セラミド3、セラミド6Ⅱ、セラミド2、加水分解コラーゲン、プエラリアミリフィカ根エキス、ダイズ種子エキス、メマツヨイグサ種子エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ザクロ果実エキス、3-O-エチルアスコルビン酸、α-アルブチン、アルブチン、ジパルミチン酸アスコルビル、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、アーチチョーク葉エキス、グリセリン、ベヘニルアルコール、BG、シア脂、マイカ、グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール、含水シリカ、キャンデリラロウ、ペンチレングリコール、酢酸ステアリン酸スクロース、ハイドロゲンジメチコン、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイル乳酸Na、イソステアリン酸フィトステリル、酸化鉄、水酸化Al

黄色のマーカーを塗った成分が美容成分です。水の配合量よりヒアルロン酸やセラミドの配合量が多いんですよ、すごいですよね。化粧水ではありえません。

 

特にセラミドは、乾燥肌が積極的に取り入れたい保湿成分。3種類も入っています。しかも、ヒト型セラミドっていう乾燥肌や敏感肌、加齢肌に不足しているといわれている種類のものです。

 

セラミドを肌に塗ることで、バリア機能を高めることができます。それを日中10時間以上つけていられるのはかなり嬉しい。

 

乾燥肌が避けるべきエタノールやPG、DPGが入っていないのもとてもいいと思いました。

 

他にもタール系色素、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、紫外線吸収剤が不使用です。

 

全体的にBBリキッドバーはとても優しい成分だなという印象を受けました。

実績

2015年モンドセレクション金賞受賞、@コスメBBクリーム部門1位(2015年6月1日~8月31日)です。