乾燥肌のファンデーション選び方4つのポイント

4つのポイント

私が色々なファンデーションを試すうちに、いつしか自分ルールとして気をつけるようになったポイントが4つあります。

  • クリーム、リキッドファンデーションを選ぶこと
  • 肌に密着しすぎないファンデーションを選ぶこと
  • 保湿成分が入っているものを選ぶこと
  • 沢山エタノールが入っているものは避けること

 

「え、なんで?パウダーファンデでもしっかり保湿すればいいんじゃない?」「肌に密着しすぎないファンデってどういうこと?」「保湿成分ならなんでもいいの?」などのはてなが頭に浮かんだ方に向けて、このページでは、この4つのポイントをそれぞれ詳しく解説していきます。

 

【乾燥肌ファンデーションの選び方ポイント1】クリーム系ファンデーションは、水分を蓋してくれる

油分は水分のふたをするまず、乾燥肌の人は、クリームファンデーションやリキッドファンデーションを選びましょう。なぜかというと、油分が水分の蒸発を防いでくれる蓋の役割をするからです。

 

ファンデーションには水性のものと油性のものがあります。水性は「水おしろい」と言われたりするもので、水分が蒸発するとさらっとして、服にファンデがつきません。ウェディングのときに身体に塗ったりします。でも、顔に塗るとそれはそれは乾燥します。

 

対して油性ファンデーションは、一般的によく見かけるファンデーションです。更に、油性ファンデーションは『油性』と『油性乳液型』の2つに分けることができます。乾燥肌は、『油性乳液型』という、テクスチャーが柔らかいものを選びます

 

コンシーラーは、水分を極力減らした油性ファンデーションです。これを顔全体に塗ったら、乾燥しますよね?油性乳液型は、水分と油分を両方含んでいます。かなり乱暴ですが、簡単な見分け方があります。テクスチャーが柔らかいファンデーションが、油性乳液型ファンデーションです。

 

パウダーはなぜNGなのか?

他のサイトでは、「パウダーファンデーションを選べ」と書いてあるものもあります。なぜでしょうか?

それは、あとで説明する『肌に密着しすぎないファンデーション』だからです。クリームなどの液体ファンデーションに比べて、確かに密着しすぎません。だから、クレンジングもしやすくて、肌を傷めません。

 

でも、普通にパウダーファンデーションを使ったら顔が粉を吹きますよね?保湿をしっかりしてからパウダーファンデーションを塗ればOKと書かれていますが、実際試してみてください。よれますから!!ミネラルファンデーションもダマになって綺麗につきません。肌表面が乾くのを待っていては、忙しい朝のメイクには時間がかかりすぎるし、そもそも高保湿成分配合のものだと乾かないです。(多少の水分は飛びますが)

 

だから、私はクリーム・リキッドファンデーションを使います。クリーム系ファンデーションであっても、肌負担の軽いものもあるので、そういうファンデーションを選ぶようにすれば大丈夫です。

 

【乾燥肌ファンデーションの選び方ポイント2】肌に密着しすぎないファンデーション=『絶対崩れない』を謳わない

崩れないメイクところでなぜ、肌に密着しすぎないことが大事なんでしょうか。肌に密着する力が強いファンデーションは、強力なクレンジングを使わないと落ちないからです。

 

強力なクレンジングというのは、それだけ強い界面活性剤を使っているので、肌の潤いを奪って、乾燥を招きます

 

じゃあ、時間をかけてミルククレンジングで丁寧に落とせばいいのではと思いましたか?過去に私もそう思って実践しましたが、知らないうちについつい指に力が入ってこすってしまいました。しかも、きちんとファンデーションを落としきれていなかったんでしょうね、毛穴が詰まってニキビになったり、くすんだり、色素沈着したりしました。

 

だから、今では多少崩れる分には目をつぶって、その代わりに強すぎないクレンジング剤で、時間をかけなくてもすっと落ちるレベルのものを選ぶようになりました。

 

では、肌に密着しないファンデーションって、どうやって見つければいいのでしょうか?

 

一番簡単なのは、「一日中崩れない!」「皮脂崩れ防止」と宣伝しまくっているファンデーションを避けること。次に、全成分表示に「フルオロ○○」と書かれたものがないファンデーションを選ぶこと。「フルオロ~~」は、色んな種類があるのですが、フッ素のことです。水と油をはじく力が強いですが、その分落とすのも大変です。

 

【乾燥肌ファンデーションの選び方ポイント3】ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドは入ってる?

美容成分次に、どういう保湿成分が入っているといいのかを見ていきましょう。保湿成分にはたくさんの種類がありますが、

【水分を抱え込んでくれるグループ】ヒアルロン酸、コラーゲン
【バリア機能を高めてくれるグループ】セラミド
【水分に蓋をしてくれるグループ】スクワラン、○○オイル、ワセリン、ミネラルオイル

この3つの各グループから、1つ以上入っているファンデーションを選びましょう

 

水分を抱え込んでくれる ヒアルロン酸、コラーゲン

「ヒアルロン酸とコラーゲンは、分子が大きいから肌に浸透していかないから意味なし!」といわれてしまうこともありますが、そんなことはありません。確かに肌の上に乗せてもたるみの改善にはなりませんが、肌の表面では保湿剤として、湿度が下がっても水分を抱え込んだままキープしてくれる性質があります。つまり、肌の表面が乾燥してきても、この成分たちが水分を持っている限り、乾かないということです。

 

バリア機能を高める セラミド

セラミドは、水分をはさんでキープしてくれる働きをします。敏感肌、乾燥肌、加齢肌には顕著に不足してる成分です。セラミドは肌の表面近くの角質層にあって、バリア機能を担当しています。セラミドがたくさんある肌は、刺激に強いし、乾燥にも強い。正確にはセラミドには『ヒト型セラミド』と、合成の『擬似セラミド』があります。ヒト型セラミドの方が効果が高くて原材料も高いです。

 

水分の蓋役 スクワラン、○○オイル、ワセリン

スクワランや○○オイル、ワセリン、ミネラルオイルは、水分の蒸発を防ぐ蓋の役をしてくれます。ミネラルオイルは嫌われることが多いけど、保湿剤として使う分には低刺激で安全性の高い成分です。石油系の界面活性剤なのでクレンジングに使うと乾燥しやすくなります。

 

それぞれ働きが違うので、例えばヒアルロン酸とセラミドとスクワランが入っているなど、各グループの保湿剤が入っていると、長くしっとりします。

 

○○エキス、アミノ酸、グリセリンは無視しよう・・・

エキス類は、エタノールなどに抽出成分を溶かしたものなので、実際に肌に影響を与えるほどの力があることは稀です。たくさん色んな種類のエキスが入っていても、その99%が溶剤のエタノールかもしれません。(極端にいえば)だから、無視。

 

アミノ酸とグリセリンは、湿度が下がると保湿力が下がってしまいます。アミノ酸は分子が小さいから肌の浸透が良く、スキンケア用品ではぜひとも取り入れたい保湿成分なのですが、ファンデーションに入っている必要はないかな、というのが持論です。ファンデーションは肌を育てる役割ではなく、外部刺激から保護する役割だと思うし、ぶっちゃければコンディションの悪い肌状態でもそれなりに見せてくれるアゲアイテムだからです。アミノ酸やグリセリンが入っている、いないはひとまず横に置いて、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドが一緒に入っているものを選びましょう。

 

【乾燥肌ファンデーションの選び方ポイント3】エタノールは肌の水分を奪って去ってく

乾燥全成分表示の6番目以内にエタノールが書かれていたら、その化粧品は乾燥肌向けではありません。全成分は配合量が多い順に並んでいます。そのうち、最初の5、6個は分量的に肌への影響が大きいのです。

 

エタノールは、アルコールなので蒸発しやすい成分。蒸発するときには、気化熱という熱を発します。そのときに肌の水分も一緒に蒸発させてしまうので、乾燥肌にはあまり歓迎できない成分です。

 

ごく微量であれば神経質にならなくても大丈夫。エタノールが入っている場合には、それがどのくらい入っているか見極めてみてください。

 

ポイントを全て満たす乾燥肌向けファンデーション例

乾燥肌のファンデーションは、
クリーム・リキッドファンデーション
クレンジングがしやすく
各グループの保湿成分が入っていて
エタノールが大量に入っていないものを選ぶことがわかりました。

これに該当するファンデーションはないかなと探してみると、それなりにありました。中でも、マキアレイベルの薬用クリアエステヴェールは優秀です。

マキアレイベル クリアエステヴェール

テクスチャーゆるめのクリームファンデーションで、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、スクワランなどが入っています。微量にエタノールは入っていますが、実際に使用してみて、夕方になっても縮緬しわができないし、クレンジングもSINNで綺麗に落ちました。

 

そして、ここからが私が特に「マキアレイベルいいな~」と思った理由なのですが、ほどほどにカバー力があって崩れにくく他のアイテムと併用しやすいです。

 

保湿力を極めるあまり、カバー力がほとんどないBBクリームや、時間が経つと崩れまくるファンデーションにたくさんあたってきました。その中で、マキアレイベルは凄く使いやすいというか、実践的(?)。本当のところ、ドール肌になれるわけではないし、全く崩れないわけではありませんが、コンシーラーを使えばきちんと感のある顔になれるし、多少崩れてもツヤっぽくなじんでいてくれるので好きです。

 

※ちなみに、4月25日まで、半年に一度のスーパー割引期間だそうです。ファンデーションと仕上げパウダーが現品揃っていて2980円は確かに安いですね・・・。

>>マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール公式サイト

 

多少崩れやすくてカバー力が低くてもいいなら、『エタノールなし、ヒト型セラミド入り、時短』ファンデ マナラもあり

ちなみに、崩れやすくてカバー力が低いのが難点ながら、私がマキアレイベルと並んでメイクボックスに常備しているファンデーションがあります。それが、マナラのBBリキッドバー。ホットクレンジングゲルで有名なメーカーですね。

マナラBBリキッドバー

マナラのファンデーションの良さは、保湿力が高いところと時短ができるところ。保湿成分の中でも乾燥肌に足りていないセラミドが配合されています。しかも、保湿効果が高くて(ついでに原価も高い)ヒト型セラミド!90%以上が美容成分とあって、とても柔らかい肌あたりだから、スティックタイプなのに伸びが良くてスポンジでなでるだけでメイクが完成します。

 

休日メイクに使うこともありますが、主にロングフライトの化粧直し、寝坊時のお役立ちアイテムとして常に携帯しています。顔が乾燥&メイクが崩れた最悪の状態でも、保湿を兼ねた立て直しが出来ます。寝坊したときには、顔にがががっと線を7本描いてパフで伸ばせばベースメイクが30秒で済みます

 

形状もコンパクトだから邪魔にならないし、下地がいらないので旅行にも重宝すると思います。

>>maNara リキッドBBバー公式サイト