カバー力重視の乾燥肌向けファンデーション

カバー力

乾燥肌が使える保湿力があって、カバー力もあるファンデーションはどれ!?という疑問に答えるページです。ネットで良く名前が挙がるブランドについても、本当に乾燥肌向きなのか、カバー力があるのか解説しています。

 

乾燥肌が最も使いやすいカバー力のあるファンデーション

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

マキアレイベル クリアエステヴェール

 

SPF35・PA+++
全5色

美容成分を62%配合したクリームファンデーション。シミ、シワ、毛穴をしっかりカバー。保湿力が高く、スキンケアをしながらメイクができる。美容液ファンデーションの先駆け。

乾燥肌が使っても一日潤いが続くファンデーションの中で、カバー力が高いファンデーションはどれ?と友人に聞かれたら、私はマキアレイベルの名前を出します

伸びが良くて一見薄付きに見えますが、重ねるとしっかりカバー力が出ます。毛穴やくすみ、色むら、シミそばかすだけではなくて、細かいシワを隠してくれるので肌がピンと張ったように見えるのです。

それでいて厚塗り感が出ない絶妙の70%出力のカバー力なので、とても使いやすい。

実際、@コスメでもリキッドファンデーション部門ではずいぶんと長いことランキング入りしています。

マキアレイベル

実際に口コミも見てみましょう。

塗ってみた感想は、そこそこカバー力がありこっくりとしたテクスチャーですが、厚塗りになりません。(敏感肌、46歳)
口コミ操作でやたら人気あるんだとみなさんと同じように思ってました。びっくり。パフではなく、手で二度重ねれば結構カバーするし、塗った感も出ないで崩れ方も汚くなく、自然な綺麗な肌になります。しかも安いし。(普通肌、32歳)
これ、ほんと大好きです♪気になるポイントをさりげなくカバーしてくれてお肌に艶が出る感じがたまらない!カバー力のあるファンデの場合、塗りたてはキレイに仕上がるんだけど時間が経ったらホウレイ線にファンデが溜まってた・・・などと悲惨なことになったりしますがこちらのファンデはそんなことはありません。(乾燥肌、37歳)
米粒大で顔全体に十分塗れます。しみ、そばかすまで隠そうとすると単体では力不足だとは思いますが、ある程度のカバー力はありますし、素肌感のある自然な仕上がりで、肌がきれいに見える気がします。乾燥肌で、かさつき気味の肌ですが、しっとり馴染んでくれます。(乾燥肌、33歳)
少々、重ね塗りしてもぜんぜん厚塗りにはなりません。このカバー力と軽さとナチュラル感が気に入ってて何度かリピート買いしています。保湿成分も配合されてるのでメイク中、肌も乾燥せずクレンジングした後もお肌がやわらかいままです。(乾燥肌、38歳)

 

ネットでウワサの乾燥肌向けカバー力重視ファンデ、ホントのところ

保湿力とカバー力があるファンデーションを探してネットを徘徊していると、いくつか目に留まるファンデーションがあります。せっかくなので、実際のところ本当に「乾燥肌に向いていて」「カバー力があって」「おススメできる」のかをまとめてみました。

エスティーローダ ダブルウェア ステイ イン プレイス メークアップ

エスティローダ

SPF10 PA++
30ml 6,000円
2010年@cosmeベストコスメ大賞 殿堂入り
サラサラとした感触、なめらかにのびてピタッとフィットします。色移りせず、長時間崩れないのが特徴。セミマットな仕上がり。

ネットや雑誌でも良く取り上げられるファンデーションだけあって、さすがにカバー力、崩れにくさは抜群に高いです。

ただし、『乾燥肌仕様』ではありません。リキッドファンデーションなのでそれなりに保湿力はありますが、それは「もともとある潤いを逃がさない蓋の役割をしっかり果たしている」という評価が正しいと思います。

元々の土台である素肌がしっかり保湿されていないと一日を乗り切るにはちょっと物足りなさが残るので、「スキンケアに十分手をかけられる!」と自信を持てる方ならOK。

また、フィット感が強い分クレンジングをしっかりしないとならず、肌の優しさに欠けるのも気になります。強いクレンジグンを必要とするということは、その分肌の潤いを奪われやすい環境に毎晩さらされるということ。カバー力があって仕上がりもキレイで、とてもいいファンデーションですが、乾燥肌の普段使いにはおすすめできません。

乾燥肌が使える肌に良くて良く落ちるクレンジングとは

2016.05.20

>>乾燥肌のスキンケア

 

コスメデコルテ ミリオリティ リペア ファンデーション

コスメデコルテミリオリティ リペア ファンデーション

SPF25・PA++
全6色
肌に保湿力と透明感を感じることができる美容液ファンデーションです。しなやかでハリ感のある仕上がりで、シワなどへのヨレや、毛穴落ちがなく、化粧もちに優れています。薄膜でありながら肌の気になる部分をしっかりと均一にカバーします。のびのよいタイプ。

伸びが良く保湿力と透明感を手に入れることができて、乾燥肌におすすめできるファンデーションです。しかし、カバー力自体はあまりあるとは言えず、どうして「カバー力があるファンデーション」にYahoo知恵袋で名前が挙がっていたのか首をかしげてしまいます・・・。

更に、価格が1個20,000円と、かなり高額です。高級感のあるパッケージとブランド品を使っているという自己満足でテンションをあげるにはいいのですが、コストパフォーマンスが悪いかなという印象です。

 

ヘレナルビンスタイン プロディジーP.C.ファンデーション

ヘレナルビンスタイン

全6色
セラム成分配合でなめらかな肌質感へと仕上げるセラムファンデーション。肌なじみに優れたアミノ酸でコーティングした色素を採用。しっとりとしたテクスチャーと、肌に密着するピグメントで、美しい仕上がりを長時間保ちます。

高保湿で伸びがよく、ツヤと潤いで肌をキレイに見せてくれるファンデーション。方向性としてはコスメデコルテと似ています。スキンケア効果は高いですがカバー力はあまりなく、薄付きです。

 

クレ・ド・ポー ボーテ  タンナチュレールサティネ

クレドポー

SPF20・PA++
全8色
一日中つけたての美しさが続くトリートメントクリームファンデーション。内側から輝きを放つ、サテンのようななめらかで極上の艶肌に仕上げます。オールシーズン用。

管理人の私が20代の頃長らく使用していたファンデーションです。カバー力がずば抜けて高いのが特徴です。シミのない綺麗なマット肌を作れます。使わなくなってしまった理由は、保湿力が足りないこと。時間が経つとシワっぽくなってしまうのが悩みでした。商品説明分には艶肌と書かれていますが、セミマットな仕上がりです。

 

マキアレイベルが乾燥肌に優れている理由

マキアレイベル私の感想と、マキアレイベルと他のファンデーションを両方試したことのある乾燥肌さんに聞いてみた共通の意見は、「マキアレイベルが一番使いやすい」でした。

 

確かにパッケージは地味。デパートコスメのような華やかな外見はありません。でも、機能的には一番使いやすいです。
保湿力とカバー力を両方追ったときに、バランスがいいのがマキアレイベルということです。確かにカバー力だけで見ると、エスティーローダやクレ・ド・ポーなど、マキアレイベルよりもカバー力があるファンデーションは沢山あります。でも、その分保湿力が下がるんですよね。

マナラのBBリキッドバーも美容成分94%配合でとても保湿力が高い良ファンデーションですが、それだけ美容成分が入っているせいか、カバー力があまり出ない印象があります。

ヘレナルビンスタインやコスメデコルテは、保湿力は超優秀ですが、カバー力、価格、クレンジングのしやすさという3点でマキアレイベルを超えることができません。通販コスメは広告費や容器にお金をかけない分、開発に投資ができたり価格を下げたりすることができるので、実用的だなと思います。

 

余談ですがマキアレイベルは購入時に全色のサンプルをもらえたり、気に入らなかったら全額返金してくれます。そういった点でも試しやすいファンデーションだと言えます。

>>マキアレイベルの薬用クリアエステヴェールを試してみる

 

まとめ

とにかくカバー力を高めたい!と思ったら、ファンデーションに保湿機能を求めてはいけません。エスティーローダーやクレドポーをどうしても使いたい、という人は、スキンケアを入念にして、1日枯れない肌作りを目指しましょう。

スキンケアを一生懸命やっているけど普通のファンデーションでは乾燥してしまうという人は、肌状態が良くなるまではファンデーションにも保湿機能を求めましょう。その方が結果的に肌はキレイに見えます。

肌はカバー力さえ高ければキレイになるわけではなく、潤い感もとても大切な要素です。自分の肌レベルを見極めることが、乾燥肌の美肌への第一歩だと思います。

>>マキアレイベルの薬用クリアエステヴェール公式サイト